沖縄出身唄三線ミュージシャンが楽しく指導します

千里の道も一歩から東京在住の沖縄出身ミュージシャン”豊岡マッシー”の三線スクール

三線はギターより簡単です。指も痛くならない。値段も安い。部屋に飾ってもカッコイイ。気軽に始められて一生続けられる。奥も深い!寂しい時は慰めてくれる。

つま弾けばそこがオキナワ!あなたも唐船どーいで皆をカチャーシーさせませんか。安里屋ユンタで「サーユイユイ」言わせませんか。ミュージシャンだからこそできる効果的な練習法の数々。本質を解りやすく、明るく楽しく学べます。

沖縄のオススメ三線リンク米須三線店

開催場所・日程/費用
2時より2時間半(受講料2000円+場所代500円)

■平井教室
平井「ゆがふう」初級中級クラス(第2,4土曜、月曜)
東京都江戸川区平井3-25-7 [Google Map]
■中山教室
中山「舞天」中級上級クラス(第2,4土曜)
神奈川県横浜市緑区寺山町87-14 [Google Map]

Jpeg

受講および見学のお問い合せはメールで toyobox@yahoo.co.jp

●三線無料レンタルできます。楽器に触ったことのない方でももちろん大丈夫。

●個人レッスン、ご指定場所での単発グループレッスンなどは要相談です。

●画期的なマッシー式三線練習法で初心者も中級者も同時に学べます。工工四を半分に間引いたもの、1/4に間引いたもの、それぞれのレベルにちょうどいい音数で弾くことでストレスなくトレーニングできます。

講師のご案内

講師のご案内のイメージ

豊岡マッシー。68年宮古島生まれ。小学校より那覇市首里。守礼門の側で育つ。中高校より音楽に目覚めバンドでキーボードを担当。東京でデザイン会社に就職しながら音楽活動。エスニックアンビエント系を指向しつつも、改めて沖縄音楽、三線に回帰。中国の二胡も合わせた亜熱帯音楽にとりくむ。沖縄POP民謡ユニット「イチャリバーズ」で2日に一回はライブという日々。作詞作曲、アレンジ、レコーディングエンジニア、島太鼓、指笛、イラスト、デザインとマルチなアーティスト。性格は温和。犬好き。映画好き。平和上等!

三線と民謡の練習法

三線と民謡の練習法のイメージ

難しい曲もLOOP感覚のくりかえし練習で体に染み込ませよう。工工四は間引いた状態のものからストレスなくみんなで練習。バチは柔らかく三線の音を引き出すように。左手の指も柔らかく。クモが歩くようにしなやかに。

唄はお経を意識して、鼻の後ろの鼻腔で歌うように。ハミングやリップロールが効果的。子音のあとの母音を意識して歌うこと。力を入れずに丁寧に声をだすこと。発音はWUの感覚をまずつかもう。

指笛やカチャーシー、サンバもやりますよ。

いっしょにやりましょう

いっしょにやりましょうのイメージ

沖縄好きが集まって和気あいあい&楽しくやってまーす。新しい仲間が増えるのを楽しみにしています。(平井教室のみなさん)

三線は自由に使えるお店の三線が数本ありますので三線をもっていなくてもはじめられます。入会などのしばりもなにもありませんのでお気軽に参加してみてください。一回だけの参加でもだいじょうぶですよ。太鼓や二胡での参加もできますよ。

最新記事

三線の構え方

三線の基本的な弾き方です。右手と太ももではさんで支えるんです。左手で棹を軽く支えます。大事なことは左手で棹を持たないってことです。これはギターもいっしょですね。棹をもっちゃうと左手が自由に動かせません 三線って弦を「はじ …

三線の弾き方・構え方

三線の楽譜・工工四(くんくんしー)

こちらが三線の練習に使う「工工四」です。漢字ですねー。でもこれは三線の押さえるポジションを表しているだけなのでそれほど複雑ではありません。三線を覚えるためのガイドです。

工工四・指ポジション

三板の楽しみかた

三枚の板を紐でつなげた沖縄版カスタネット。名人の打ち方にはずいぶん技巧的なものもありますねー。しかしはっきりいって他の楽器に比べて音がでかすぎます。ステージでマイクを通さなくてもいいようにということだと思います。宴会用に …

沖縄楽器 三板 写真
PAGETOP
Copyright © Toyooka Massie Okinawa Sansin School Tokyo All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.