カンカラ三線

カンカラ三線です。戦後、捕虜収容所で作られました。米軍支給の缶詰、ベットの木枠を銃剣で削って作ったそうです。問題は絃ですよね。なんとパラシュートの糸を使って作ったそうですよ。パラシュートはよく落ちていたので洋服の生地に使われたりもしてたそうです。捕虜収容所で歌われた「屋嘉節」を歌う時はこのカンカラ三線を使ったりもします。そんな歴史があるので、今も沖縄で愛されているんですね。

カンカラ三線

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です