三線、薬指は使わない?使う?

三線ではなぜか薬指を使いません。

これはなかなか不自然な指使いだと思います。なぜそうなのか?これにしっくりくる説明をまだ聞いたことがありません。
押さえる音の位置を見れば、中指を使うより薬指を使う方が勘所に近いし自然なのでは?と正直思います。
「薬指だとしっかり押さえられないから」と言われたことがありますが、ちょっと納得できないなあ。
薬指と小指を開くのはやりにくいかもしれない。

知名定男さんがテレビの三線講座で言っていたのが一番納得いきました。
「沖縄の古典の工工四(楽譜)では薬指を使う表記がないから」
つまり、薬指を使わない理由はよくわからないけど伝統的にそうだから、ということなのでしょう。

またこう言う人もいます。
「ある指は使わないと」
ごもっともです。とても正しい。

かといって沖縄の伝統を無視してしまっていいものだろうか。
ひょっとして宗教的な理由でもあるのか?
薬指は不浄の指だとか。いやーそれはないか。
とにかく何か歴史的な経緯があってそうなっているのかも。

マッシーはかなりフリースタイルの三線弾きですが、
先人たちが培ってきたものを壊そうとは思いません。

ということで自分はこうすることにしました。

伝統的な曲、民謡や古典。「なんとか節」というような曲を演奏するときは薬指は使わない。
その代わり、西洋的な発想で作られた曲。戦後に作られたような曲。
ドレミファの平均律で作られた曲。コード進行のあるような曲。そういうものは薬指を使う。

つまり、ドレミでいうミとシ。工工四でいう中、六の音を「低め」に弾きたい時は中指で押さえ、
ピアノのドレミに近い音で弾きたい時は薬指で押さえる。

低めに押さえた音は、沖縄の強い太陽に照らされた黒い影のように、ディープな響き。
高めに押さえた音は、陰りのない、フラットで知的な感じがします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です