三線でジョンレノンのイマジン。歌います。
もともとジョンレノンもビートルズもあまり聞いてこなかったのですが。
イマジンは大好きだったピーターガブリエルがカバーしたのを見て好きになりましたね。
この歌はさりげない歌だけどなんか時代に選ばれた歌って言うような特別な存在になってますね。

歌詞はこういうことを歌っていますね。

想像して。天国も地獄もなく、ただ空があるだけだと。
想像して。今日のために生きているすべての人々を。
想像して。国も宗教も殺し合いもないことを。
想像して。平和に生きているすべての人々を。
想像して。飢えも財産も貪欲さもないことを。
想像して。人々が世界を分かち合うことを。
自分は夢想家と呼ばれるかもしれないが、決して一人じゃない。
いつかあなたもこの考えに加わってほしいと願っている

「想像して」っていうフレーズはオノヨーコのものですね。
彼女の詩集「グレープフルーツ」ではもっと強い口調で「想像しなさい」となっている

「想像しなさい。千の太陽がいっぺんに空にあるところを」
「想像しなさい。西から東へ一匹の金魚が空を泳いでいくところを」

「想像しなさい」だけではなく、この詩集ではすべて「〜しなさい」となっている。

現代美術家のオノヨーコのシュールで禅問答のような世界とジョンレノンの共産主義なユートピア観が合わさったのがイマジンだ。

この歌があって本当に良かったと思っています。