三線の楽譜・工工四(くんくんしー)

nadasou_kunkunsiこちらが三線の練習に使う「工工四」です。

漢字ですねー。ちなみに縦に読みます。

難しそうですが、三線の押さえるポジションを表しているだけなのでそれほど複雑ではありません。

合、乙、老、四、上、中、尺、工、五、六、七

この10個のポジションを覚えるところからスタートします。

ドレミで表現すると

ソ合、ラ乙、シ老、ド四、レ上、ミ中、ファ尺、ソ工、ラ五、シ六、ド七 みたいな感じです。

途中から五、六、七となってるので、もう全部数字でいいんじゃないかとも思いますが、

(実際二胡では数字譜を使います)

中国の譜面「工尺譜」で沖縄音階を表記しようと試行錯誤する中で、このような「漢字」になったようです。
そんな歴史と先人達に敬意を表して、なるべくこの漢字を使っていきたいと思います。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です