「明日がライブだというのに三線の皮が破れちゃったヨーー」いう緊急時、三線屋に直してもらう時間がどうしてもない時、「三線の胴を裏表ひっくり返す」という超裏技があります。(ちなみに自己責任でお願いします)

破れたわけではないんだけど、人口皮の三線で、古いものなんだけど、皮の張りが強くて、音がキンキン。バチの当たる時のキュっキュっというノイズも出やすいです。胴の背面の皮の方が若干張りがユルいんだよね。なので、この胴をひっくり返したらちょうどよくなるのでは?と思って、ついに、ひっくり返してしまいました。

弦を緩めて棹を抜きます。
改めて人口皮をコンコンと叩いて、音程を比べると、裏側がやっぱり低いです。

棹の刺さるところ。ここは測ってみるとほぼ真ん中でした。ひっくり返しても変わらないので良かった。

ただひっくり返して棹を指すとこういう風にズレます。そこを微調整していきます。

棹が突き出るところの穴は真ん中よりかなりズレますね。この分を削らないといけない。削るとこの印をつけます

削りますー。おおー、もう後戻りできないぞ。大丈夫かーー。胴の木は硬くないのでこういうカッターノコギリでも削れました。最後に木工ヤスリで真っ直ぐにします。

棹を刺します。穴のとこは木で塞ぎます。

弦の高さ。かなりいい感じになった。成功だ。

しかし、ここ、棹の継ぎ目がぴったり合わない。

削っていきます。カーブしてるので 丸い木工ヤスリが必要です。

そしてこの位置から見ると、棹が右に傾いている。

よく調べると、棹そのものがゆがんでいました。調整します。

完成だ。棹と胴の継ぎ目をぴったり合わせることは難しいですが、音もまろやかになって大満足。弦のビビりもなく、職人でなくても胴をひっくり返す改造は一応は可能なことがわかった。

ただあくまでも緊急的な処置ですので、修理は三線屋さんに依頼してくださいね。

あと、思ったんだけど、夏と冬とか、雨の日とか、湿度が高いと、皮が緩んで三線の音がこもったり、500Hzのモコモコ音がひどかったりとかなので三線の胴をひっくり返せるようになってて、夏用の皮と冬用の皮みたいにタイプと張りが違うリバーシブル三線。なんてね。夏用、冬用、二本あればいいことだけど。