三線のバチ(ツメ)を買う場合はちょっとどれを買えばいいのか悩みますね。とりあえず高さ的には7cmあたりが標準サイズかなあと思います。三線は手首を曲げて弾くのでやっぱり7cmくらいないと絃に届きにくいってことがある。8cmだと大きい感じだし6cmだと心細い感じ。古典の方だと大きいバチを使いますね。バチの重みを利用して弾くからだと思います。逆に軽快に弾きたい人は小さい方がいいっていう場合もある。小さいと言うより軽いバチってことかも。女性だと6cmとか6.5cmのバチを使う人が多いですかね。

高さ7cmあたりのバチを集めてみました。男性ではこの辺りが標準かと思います。黒い色の水牛の角タイプです。7cmとはいえ、1mmぐらいの誤差はありますね。その程度の差はあまり変わらないので特に気にならない。白いものはセラミックタイプというやつでは500円くらいです。格段に安いですが、結構、弾きやすいです。短めですが重さがある程度あるのでバランスがいいです。もうこれをずっと使ってもいいと思います。ただ先端が丸まっているのでヤスリで先を削らないといけないです。

重さもいろいろあります。重いものはその重さを利用して弾くという感じ。軽いものはチャキチャキ動かせる感じ。重いからといって早弾きに向かないわけではない。その重みで安定したスピードで演奏できる面もあります。重いバチだと低音が出るし、軽いバチだとパリっとした軽めの音。この辺は三線との相性だろうねえ。蛇皮の厚みとか張りの強さとか。重いバチの方が音量は出しやすい。

持ってみると幅31mmのワイドタイプがしっくりくるかな。「持っている」っていう感じがあって重みもある程度あるので使いやすい。スリムタイプだと持っていてちょっと心細い。だけど指先でコントロールしやすいのはこっちの方かも。

内側がえぐれているタイプとフラットなタイプがあります。五角の方はやや丸みがあって少し持ちにくい気がします。やっぱりえぐれている方がなんか持っていて安心感があるかなあ。これは慣れの問題ですが。

人差し指を入れる穴が小さい場合ハサミなんかを穴に突っ込んでグリグリ回しながら削って広げてください。穴の大きさは大きすぎず狭すぎず。

というわけで、二日間ほど取っ替え引っ替えいろいろ試した結果、どれが一番良かったかというと、やっぱりですが、標準のやつ。真ん中のやつがいいという、当たり前の結論になりました。

重いものも軽いものも一長一短というか、ライブで大きな音を出せるのは重いタイプだけど、軽いタイプはパリっとした音が出るし、女絃とか弾きやすいし、でも早弾きの安定感は少し重さが欲しい。

ということでお気に入りは「7cmで28gのタイプ」という結果になりました〜〜〜

まとめ。

重いバチ → 重みを使って弾く安定感。持ちやすい。三線に食い込む感じ。低音が出やすい。音量が大きい。早弾きOK。慣れないと手首を痛めそう。

軽いバチ → パリっとした音色。早弾きOK。軽快。女絃が弾きやすい。指先で弾いているような感覚。

どのバチがいいかは三線との相性によるのかなという気がします。薄い蛇皮で軽く音がポーンと出るタイプは小さなバチで軽快に、厚い蛇皮なら重いバチがいいのかも。

ということで、どれがいいのかは三線次第〜という結論でございます。