歌は歌わず三線だけでもOK。その理由。

三線のみで歌わなくても大丈夫

時々いらっしゃるのですが、歌はいいので三線だけやりたいという方。マッシー三線教室ではそれでも全然OKですよ。

本来、沖縄の歌三線というのは歌の方が大事であって三線は伴奏が目的ですね。なので三線教室とは言っても本当は民謡教室なので沖縄民謡的な歌い方を教えるっていうことが第一の目的です。ボイトレなんかとても重要だと思います。そして三線を弾きながら歌を乗せていくのは本当に面白いものです。ギターを弾きながら歌うというのとはまた違った気持ち良さがあります。できればこの楽しさを味わってほしいのですが。

三線 歌わなくても OK

しかし、なかなか皆さん、大きな声で歌ってくれない。しゃべる声より歌ってる方が声小さいです。カラオケではちゃんと歌えるのに…。なんとかみんなに声を出すっていう心のブレーキを外すとこから始めないといけないというのが現状です

なので歌わないという方がいても教室の中でそれが目立つことはありません。歌はいいですと言ったら雰囲気を壊すのでは?という心配はありませんので。

ただ、私も絶対歌えとは言いませんが、いつか歌ってほしいなあという思いはあります。歌の中にこそ沖縄の魂(マブイ)がありますので。そして、その魂は強制されるものであってはいけないものです。可笑しくもないのに無理やり笑わせることは意味のないことです。可笑しいから笑うように、歌も歌いたくなったら歌ってください。だから当面は歌わなくても大丈夫ですよ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です