三線の基本的な弾き方です。右手と太ももではさんで支えるんです。大事なことは左手で棹を持たないってことです。左手で棹を軽く支えます。これはギターもいっしょですね。棹をもっちゃうと左手が自由に動かせません

三線って弦を「はじく」っ思ってたけど、ちょっと違う。弦の上にバチを乗せて、押して、離す。そんな感覚が分ってきたのは三線を弾いてからだいぶたったころだったと思う。

太鼓なんかも「叩く」っていうのとちょっと違う。太鼓のバチを太鼓の上に「落として跳ね返ってくる」っていう感覚がある。

動物の皮を鳴らすっていうとこは三線も太鼓も同じだ。

楽器の跳ね返す力こそが音。

バスケットのボールをバウンドさせるような気分ですね。

三線の弾き方・構え方