マッシーの三線、ライブ仕様。

マイ三線です。黒檀&本皮。竿は宮古木工芸。皮と胴は吉川三線店です。

クリップマイクは長年愛用しています。audio-technica PRO35です。リーズナブルだし、フラットな音だし、壊れないし、切れないし、素晴らしいマイクですね。ウマ(駒)の位置を狙ってます。ここからが一番フラットな音が録れます。ピックアップでエレキ化は嫌いですね。ピエゾの潰れたような音色はせっかくの黒檀&蛇皮の音色が関係なくなってしまいますからね。

そのクリップを固定するために「引き出し用仕切り板」を「ティーガー(胴の周りの布)」の間に両面テープで固定しています。

バチはアイヌっぽい彫刻。無くさないようにヒモでくっついています。

ストラップの固定位置は胴体の下の二箇所。座った時に膝に乗っかる位置という発想です。
本来はストラップは使わずに腕だけで持ちますが、やはり左手が自由に動かないので自分はストラップ使用にしています。

女性の場合、この方法だとストラップが似合わないかも。

チューナーはKORGのAW-2G。古い製品ですがカラー液晶だと野外で太陽光の下で見えないんですよね。昔のモノクロ液晶&バックライトがやっぱり安心ですね。反応もすごくいいので、これ以外使う気になれないです。
(今は高い値段でしか売ってないので、中古で安いのを見つけて買ってください)

KORG AW-2Gはジョイント部分がすぐに壊れるので本体を直接輪ゴムで止めています。これで絶対に落ちないし無くならない。

ウマ(駒)は吉川三線店で扱っている「赤馬」これがかなり気に入っています。スス竹と言う素材です。囲炉裏の上で長年燻された竹のことだそうだ。

駒は油煎と言って油で揚げたりします。揚げると木材が発泡することで細かい空間ができ、いい固さになるらしい。スス竹もそういうものなんだろうと思ってます。

カラクイ(糸巻き)は折れたものを再利用した短いカラクイです。普通のカラクイだと何かの拍子に倒れたり引っかかったりして折れちゃうんですよね。ウクレレペグも好きなんですが金属音が混じるのでメインの三線には使いたくないかなあ、、

チミ(バチ)もいろいろありますけど、彫刻してますがオーソドックスなものです。